熱中症対策に麦茶に塩を入れて飲もう!塩はどのくらい入れる?

熱中症対策に麦茶に塩を入れて飲もう!塩はどのくらい入れる?連日暑い日が続くと注意しなければいけないのが熱中症です。
毎年多くの方が熱中症で病院に搬送されています。
熱中症は、汗によって水分と塩分が不足することで起こります。

熱中症を予防するには、こまめな水分補給が大切とされており、
水分補給にお茶を飲んでいるという方も多いでしょう。
しかし、お茶だけでは熱中症予防としては不十分なのです。

そこで、手軽につくることができ効果的なのが塩麦茶です。
では、なぜ麦茶に塩を入れると良いのでしょうか?

なぜ塩麦茶なのか?

緑茶などのお茶には塩分が含まれていません。
汗をかくと体の中の水分と一緒に塩分も流れ出てしまいます。
塩分が失われると体温調節の働きが上手くいかなくなり、
体に熱がこもってしまい、熱中症へとつながります。

塩分は人間の体ではつくることができないため、
食べ物などから取り入れないといけないのです。

また、緑茶や紅茶にはカフェインが含まれています。
カフェインはコーヒーなどにも含まれており
眠気を覚ます効果がよく知られていますが、
覚醒作用の他に利尿作用もあります。

つまり、緑茶や紅茶を飲むと塩分が補給できないだけでなく、
利尿作用により水分が出ていきやすくなってしまうのです。

そこで、おすすめなのが塩を入れた麦茶です。
麦茶にはカフェインが含まれていないので、
水分が出やすくなる心配がありません。

さらに、麦茶に塩分を加えることで
体に必要な塩分も補給することができます。

塩麦茶の効果

麦茶はノンカフェインだということ以外にも、
意外とすごい効果を持っているようです。

・血流改善作用
麦茶に含まれるピラジンには、血液の流れをよくする作用があり、
脳梗塞の原因となる血栓をできにくくします。
その効果は青魚と同等かそれ以上といわれています。

・抗酸化作用
活性酸素はがんや脳卒中など様々な病気の原因となり、
老化を進め、シミの原因となるメラニンの形成を促します。
麦茶にはこの活性酸素を攻撃する抗酸化作用があり、
若さを保ち、生活習慣病を予防することが期待できます。

他にも、
・胃の粘膜の保護
・体を冷やす効果
・亜鉛やケイ素などのミネラルが豊富
・カフェインが含まれていないので、妊婦さんや赤ちゃんにも安心
・・・

など、健康に良い効果がたくさんあるようです。

塩はどれくらい入れる?

塩を入れると良いことはわかったけど、
塩分の取りすぎにはならないのだろうか?
という心配もあるかもしれません。

目安としては、水分の0.1〜0.2%程度といわれ
麦茶1リットルに対して、塩分を1~2グラム(梅干1個)
摂るようにすると良いでしょう。

一般的に料理などでよく使う食塩よりも、
岩塩などの天然の塩を使った方が、
鉄分、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなどの
発汗によって失われた塩分を効率的に補給することができます。

まとめ

熱中症を予防するためには、
こまめに水分を補給し、塩分も一緒にとることが重要。
そのために、塩麦茶が効果的です。

のどが渇いたと感じたときには、既に脱水症状が出ています。
のどが渇く前に、早めの水分補給を心がけることが大切です。

このページとよく似たページ:

Sponsored Link


コメントを残す