歯がしみるのは虫歯?知覚過敏?原因とチェック方法

歯がしみるのは虫歯?知覚過敏?原因とチェック方法虫歯でないのに、冷たい水を飲んだ時に
歯に鋭い痛みを感じたことはありませんか?

もしかしたら、それは知覚過敏かもしれません。
今回は歯がシミる原因と知覚過敏についてご紹介します。

知覚過敏って何?

知覚過敏になると虫歯ではないのに、
冷たいものや熱いもの、甘いものなどを口にした時、
冷たい空気を吸い込むなどの刺激を受けた時に
歯がシミるという症状が見られます。

知覚過敏は約4人に1人が経験している
と言われるほど身近な症状です。

発生には生活習慣が関わっているようですね。
年齢は20~50代が中心ですが、
どの年齢の方でもなります。

主な原因は?

そもそもなぜ知覚過敏になるのでしょうか?

健康な歯はやわらかい象牙質の周りを
硬いエナメル質で覆われています。

噛み合わせが悪いこと。

間違ったブラッシングや歯周病による
歯ぐきの退縮(やせ)。

食べ物や飲み物に含まれる酸による
エナメル質の侵蝕(しんしょく)。

※虫歯の場合は、プラーク(歯垢)内の
ミュータンス菌が作る酸によって
歯が溶けてしまいます。

など以上のようなことが原因となり、
敏感な象牙質が露出してしまい
刺激を受けると痛みが生じます。

自分でチェックする方法

・冷たいもの、熱いものがシミる
・甘いもの、すっぱいものがシミる
・歯に歯ブラシが当たると痛む
・歯ぐき(歯肉)がやせてきた

1つでも当てはまることがあれば
知覚過敏かもしれません。

知覚過敏だと歯みがきをする時に
痛みやすく、歯みがきが十分に行えず
結果として、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
虫歯や歯周病が知覚過敏の原因になることもあります。

また、無意識に冷たいものを避けるなど
痛みを避ける行動をしていないでしょうか。

どれくらい症状が続くかは原因により異なります。
気になる場合は歯医者に相談すると良いでしょう。

予防・ケアするには?

知覚過敏のケアのポイントを紹します。

・歯ブラシは硬すぎないものを使う
・過度なブラッシングを避け、適切なブラッシングを行う
・知覚過敏用の歯磨き粉を使う

知覚過敏用の歯磨き粉を毎日使うことで
痛みの伝達がブロックされ、
痛みがやわらぎ、シミる不快感も防ぐ
効果が期待できるようですね。

痛みがおさまったからといって
知覚過敏をほうっておくと再発し、
虫歯や歯周病など他の歯の病気に
つながる可能性もあります。

ケア方法について歯医者に相談し、
継続的なケアをしていくことが大切です。

知覚過敏が気になる場合は、
早めに歯医者に診てもらうことを
おすすめします。

このページとよく似たページ:

Sponsored Link


コメントを残す